介護保険に関して

介護保険制度について


介護保険制度は、40歳以上の人全員を被保険者(保険加入者)とした、市町村(特別区を含む。以下、同じ)が運営する、強制加入の公的社会保険制度です。

被保険者になると保険料を納め、介護が必要と認定されたときに、費用の一部(原則10%)を支払って介護サービスを利用できます。

介護保険制度は、従来の行政主導の措置制度(市町村が利用できるサービスなどを一方的に定める仕組み)とは異なり、利用者が直接介護サービス事業者と契約をしてサービスを選択できる「利用者本位の仕組み」であることが大きな特徴です。また、民間企業や市民参加の非営利組織など多様な事業者の参入が可能であることも特色の一つです。